毛穴の黒ずみはクレンジングでどこまで落ちる?

 

毛穴のつまりの話ではないですけれど、黒ずみ。毛穴の凹凸に対する関心もとても高くなっているようです。クレンジングでも微香料や無香料のもの、それが人気を集めているということですが、毛穴科医の立場からいうと、これはなかなか歓迎できる状況なのです。というのも、毛穴のつまりや角栓を無理やり落とすというのは肌に刺激を与えることもあるからです。

 

クレンジングの場合、クリームにしろ口紅にしろ、その成分そのものは匂いの良いものばかりではありませんから、気持ち良く使えるように、角栓を溶かしてやることが必要です。

 

クレンジングが気分的な効果をもっていることも否定できません。良い香りのするクレンジングを使っていることぞ、化粧のいわゆる官能効果も倍加するといっていいでしょう。

 

こういうわけで毛穴ほど皮脂の濃度が高くないものでも、なるべく毛穴にあまり残っていないほうが望ましいのです。ただ、注意してほしいのは、微香性だからといって低刺激性とは限らない場合があることです。というのは肌に刺激を与えるのは何も香料だけではなく、色素や、油性成分があるからです。クレンジングや洗顔は成分表示として有効成分が書いてあるだけで全成分の成分まで記載する必要はないとされています。

 

敏感肌の人の毛穴ケアはクレンジングの方がよいかも?

 

「私、敏感肌なの」という言葉をよく耳にします。この場合の敏感肌と同じようなニュアンスで、最近「イチゴ鼻」という言葉が使われているようです。この自称吹き出物の人を診察してみると、ぜんぜん別の病気である場合も多いので、吹き出物ではないかと思う人は一度皮膚科医の診断を受けることをお勧めします。そのうえで通院するなり正しい方法で悪化を防ぐなどの処置をしましょう。また、吹き出物に良いというのを「売り」にしている化粧品も登場していますけれど、化粧品として販売されているものに病気を治す効力はありません。

 

補助的な役割は果たすものもあるようですけれど、それ自身に吹き出物を改善する力はないと思ってください。吹き出物に良いと言われて買って、使ったためにトラブルを起こしてしまうこともあるのです。ところで通称毛穴の黒ずみといっているのは、吹き出物性皮膚炎のことが多いようです。肌がカサカサになり、粉を吹いたように見えたりします。

 

かゆくて、かいているうちに皮膚の表面を守っている角質を傷つけてしまい、そこに化粧品の成分が作用して炎症を起こし、赤くただれてしようのです。これは一見化粧かぶれとよく似ています。〈お化粧をすると肌がヒソヒリする、これは化粧かぶれだ〉と思っていたら、実は吹き出物だったというのは、よくあることです。いま言ったような症状がある人は、お化粧はしないようにと、私は勧めています。でも、学校に通ったり、お勤めをしている人はなかなかそうもいかないというのが女心。どうしてもという人には、粉白粉と、日紅、それに眉を描く程度にしてもらっています。

 

この程度のお化粧なら、クレンジングクリームを使わなくても石けんでていねいに洗えば落ちます。それに粉白粉というのは、最近どんどん店頭では少なくなっていますけれど、油分とか乳化剤などが入っていないのぞ、刺激が少ない上に微粒粉が紫外線を散乱させる、なかなかのスグレモノなのです。

 

ニキビのできやすい人はニキビケアを優先して!

 

ニキビができやすいの人には、肌に刺激を与えるものは禁物です。皮膚科医に″ぬるま湯洗顔のみ″といわれる場合を除いて石けん洗顔をきちんとして、皮膚を清潔に保つようにしますが、スクラブ洗顔やピールオフタイプのパックなどはもっての外。もちろん洗顔の後は乾燥させないように、保湿性の高い化粧水で水分を補給して、刺激の少ない美容液や乳液で乾燥を防ぐようにします。
刺激のない(少ない)化粧品を選ぶといっても難しいという人も多いでしょう。もし新しい化粧品を試してみたいと思うなら、まずサンプルをもらってきましょう。それを三日間ぐらい上腕の内側に少し付けて、様子をみるのです。赤くなったりしないようなら、まず大文夫。石けんは香料の入っていない安いもので充分です。サンプルもくれないようなメーカーの化粧品は避けるのが賢明だと思います。

 

ニキビができやすいで、その上にきびがあるという人は、たいへんです。アクネ用の化粧品は、脱脂力が非常に強いので、皮膚を乾燥させていっそう刺激に弱くしてしまうからです。ニキビができやすい体質であることを知らずに、にきびができたからとアクネ用の化粧水を使って、炎症を起こしてしまったという人もいます。自分で判断しないで、皮膚科医に相談してください。そして、ニキビができやすいの症状がある程度改善されるまでは、お化粧を控えるぐらいの気持ちでいてください。

 

ニキビケア大百科 大人ニキビ、思春期ニキビ、ニキビ跡を治す方法
ニキビケアについて詳しく解説されているおススメのサイトです。思春期ニキビや大人ニキビに悩んでいる人は一度チェックしてみると良いと思います。